【ダイソー】アノミー ANOMIE -タイルを裏返して戦う2人対戦ボドゲ-遊び方&感想

アノミー ダイソーゲーム
記事内に広告が含まれています

ダイソーで新発売のカードゲーム【ANOMIE(アノミー)】で遊んでみました!

【アノミー】とは、タイルを裏返して戦う、2人対戦ボードゲームです。

このゲーム、たった9マスのプレイシートの上にタイルを置き対戦するので、あっという間に勝敗が決まってしまうのかと思ったのですが…そうでもなかったです。

タイルの出し方が裏表の2種類あること、②お互いそろえる色がわからずにゲームスタートすること、③裏返すのは相手のタイルだけじゃなくて自分のタイルも巻き込まれること、④すべてを裏返すことができるアノミーカードが1枚だけ存在することこの4つのポイントによって小さなスペースで奥深い対戦ができるのです!!

難易度:★★★
対象年齢:8才~
プレイ時間:5分~10分
人数:2人

難易度★★★はダイソーカードゲームの中では高難易度のゲームですが、ルールはシンプルなので1度覚えてしまえばそれほど難しくないレベルと言えます。

ただ、子供と対戦すると、大人が勝ちやすいゲームではあります。

では【アノミー】がどんなゲームなのか詳しく解説していきます!


関連記事:きゅなごんブログカテゴリー【ダイソーカードゲーム

スポンサーリンク

【アノミー】内容物

●プレイシート×1(裏面が遊び方の説明書になっています)

●太陽タイル 赤色×3 青色×3

●月タイル 赤色×3 青色×3

●アノミータイル×1

スポンサーリンク

【アノミー】勝利条件

どちらかの手番が終了した時点で、同じ色のタイルを3枚表向きにしたプレイヤーが勝利となります。

同時に3枚づつ表向きで終了した場合は、引き分け!

スポンサーリンク

【アノミー】ゲームの準備

①太陽と月のどちらでプレイするか、また先攻後攻を決める。

②プレイシートを選んだマークが自分の正面に来るように置く。

③自分のマークのタイル6枚を相手に見えないように持つ。

手札から1枚タイルを裏向きのまま捨てる。(捨てたタイルは使用しない。)

⑤アノミータイルをプレイシートの横に置く。

捨てたカードが何色かは秘密にすること!!

【アノミー】ゲームの遊び方

自分のターンでできること

①タイルをマスに置く

手札のタイルは裏向き・表向きどちらでも置けます。
※置くときは向きに注意!
タイルの角にあるマークとプレイシートのマークが重なるように置きます。
タイルの左上にマークがくるように持ちましょう。

・アノミータイルを置いてもOK
アノミータイルはプレイシート上にあるタイルを全て裏返すことができます。

【タイルを配置できるマス】
・何も置いていないマス
・相手のタイルが裏向きに置いてあるマス
(※その場合、相手のタイルは裏向きのまま相手の手札に戻す)

②置いてあるタイルを裏返す

自分のターンでタイルを置いたら、すでに置いてあるタイルを裏返します。

【手札から置いた場合】
・表向きに置いた時は、矢印の方向にあるタイルを全て裏返す。
・裏向きに空いた時は、何も裏返さない。

【アノミータイルの場合】
盤の上にあるすべてのタイルを裏返す。

この後、相手のターンに移ります。

私でと娘で対戦してみた結果

太陽=私、月=娘(中学生)で対戦してみました!

①太陽:裏返しで1手目

②月:表向きで置き、太陽を裏返す。

③太陽:裏向きで置く。

④月:表向きで置き、右の2枚の太陽を裏返す。

⑤太陽:またまた裏返しで置く。(青の月の上)

⑥月:表向きで置き、太陽と月を裏返す。

赤の太陽を置いて、3つ表向きになった!太陽(私)の勝利!!

ストレートに負けてしまった月(娘)の言い訳
私が青の太陽をそろえようとしていると予想してしまった!!
アノミーカードで一気に表向きにされると思って最後判断をミスった!!

とのことです。

【アノミー】おもしろいポイント

タイルを裏表で出せることで戦略性アップ

タイルを裏返す表面と、何も動きがなく何色か不明な裏面の2種類の出し方が戦略の幅を広げている。

しかも、共用でいつでも使えるアノミーカードがあって、それまでの流れを一変させることができるのもおもしろい!(ピンチを切り抜けたり、最後の一手に使ったり…。でも使わずに決着がつく方が多かった)

相手がどちらの色を揃えようとしてるか推理する

1枚手札から捨てることで、そろえる色が1色になりますよね。
そこで、相手がどちらを揃えようとしているのか、相手の置くタイルから推理しながらプレイしていくんです。
結構これが重要で、読み間違えると勝敗にかなり影響が出ちゃうので要注意!!

自分と相手のタイル、どちらも巻き込んで裏返る

自分のタイルを揃えることばかり考えて裏返していると、うっかり相手のタイルを揃えてしまうこともあるので、全体の流れをしっかり見ながら自分のターンを行動する必要がある!

ダイソー2人対戦ボドゲ【アノミー】さいごに

今回はダイソーの2人対戦ボドゲ【アノミー】の遊び方の解説と、遊んでみた感想をまとめました。

自分のターンでの行動の選択肢が多いので、結構頭使います。
繰り返し遊んでも同じ結果になりにくく、色々な勝利パターンがあるので飽きずに遊べますよ!!

子供と遊ぶ場合は、他のダイソーゲームに比べると、やや大人向け・大人有利と感じました。
中学生の娘と対戦して、ほとんど私が勝ってしまったので…大人げないですが。

気になった方はぜひ遊んでみてくださいね♪100円(税抜)なので♪

他にもダイソーゲのボドゲを遊んでみた記事を公開しています!
関連記事:きゅなごんブログカテゴリー【ダイソーカードゲーム

この記事を書いた人
きゅなごん

テンション高めの2児の母。群馬出身、群馬在住、群馬を愛し、群馬の魅力を発信したい!趣味はボドゲ・ゲーム、アニメ、ドラマ、漫画、読書、晩酌。とにかく毎日楽しく過ごしたい!そんなママが楽しめる情報をお届けします。

きゅなごんをフォローする
ダイソーゲーム遊び・ゲーム情報
スポンサーリンク
きゅなごんをフォローする
きゅなごんブログ
タイトルとURLをコピーしました