日曜劇場【VIVANT-ヴィヴァン-】第9話の考察~最終回結末・真相まとめ

VIVANT最終回 ドラマ
記事内に広告が含まれています
VIVANT最終回

TBS 日曜劇場【VIVANT-ヴィヴァン-】

第9話直前緊急生放送150分スペシャル特番

第9話 考察・謎・伏線・気になるポイントまとめ


最終回の結末・真相まとめ(放送後更新)

毎話息をのむ展開で目が離せないドラマ【VIVANT-ヴィヴァン-】
ついに物語はクライマックスへ…!!!

こちらの記事の内容は…

●VIVANT祭り!生放送スペシャル特番で放送された撮影秘話まとめ
●最終回直前!第9話の考察・伏線・謎・あらすじ・気になるポイントまとめ
最終回の結末・真相まとめ

過去のあらすじ&考察記事は…

スポンサーリンク

【VIVANT祭り】緊急生放送150分スペシャル特番

出演者

・堺雅人(乃木憂助)
・阿部寛(野崎守)
・二階堂ふみ(柚木薫)
・松坂桃李(黒須駿)
・二宮和也(ノコル)
・迫田孝也(山本巧)
・飯沼愛(太田梨歩・ブルーウォーカー)
・ドラム
・チンギス
・吉原光夫(ピヨ)
・林泰文(バトラカ)

・大久保佳代子
・児島一哉
・近藤春奈
・レイザーラモンRG

MC 川島昭(麒麟)・田村真子(TBSアナウンサー)

きゅなごん
きゅなごん

ドラムとチンギスも出演!!
ドラムは自分の声で話すのかな…!?

※ドラムは自分の声で話しませんでした!

撮影秘話

山本(迫田)が逃げるシーン

逃げるシーンのロケ地は豊橋。
豊橋のエキストラの皆さんは、動きがとても上手だったと堺雅人さんが絶賛していました。

太田が生きていることを知ったときにガラス越しで山本が慌てるシーンは監督から「もっともっと目を泳がせて!!!」と指示があったそうです。

砂漠シーンの砂嵐は人力だった!

砂漠天気が変わりやすく、撮影がとても大変だったという。
砂漠シーンの風は本物だが、砂嵐は大勢のスタッフや車をドリフトさせたり、人力で起こしていた!!

モンゴルロケで大変だったこと

移動時間がとにかく長く、14時間の移動もあった。
ホテルとロケ地間を毎日3時間移動していた。
現地の運転手でも道に迷うことがあったそう。

道が険しくガタガタ揺れる車内だったが、それが肩こりにいいことに気づいた!と阿部寛さん。

大使館前の緊迫シーン

大使館前で車の上を走るシーンは、本当はスタントマンがやる予定だった。
しかし、車の上に阿部寛がスタンバイしていることに気づいた二階堂ふみさんは「大先輩が先に準備している!」と大慌てで車の上に向かったという。それを見て堺雅人さんもあとに続き、結局本人たちが演じることになった。

撮影後、この大使館前の通りの名前が「VIVANT通り」と改名されたそうです!!すごい!!

ノコルはスマホで何を見ていた?

テントの会議で流れた拷問のシーン。
ノコルが手前に座り、スマホを眺めていたとき一体何を見ていたのか?

あれはパズドラをしているわけでもなく、エゴサをしていたわけでもなく、拷問中に正直に情報をはかなかった場合、脅しに使うために家族をリサーチをしていた、という演出だった。

スポンサーリンク

【VIVANT-ヴィヴァン-】第9話 79分スペシャル

最終回へとつながる話
テントの全貌が明らかに!!!

第9話のあらすじ&気になるポイントまとめ

憂助はテントとの食事会、ベキのために赤飯を炊く。

ベキはうまいと喜んだ。
ノコルは少し考えて「まずいまずい」と言い放った。

テントが土地を買い占め続ける理由が発覚。

大きな地震でできた地割れの地下に純度99%のフローライトを偶然発見。
※フローライトとは半導体に欠かせない原料

詳しく調査するとそのあたり一帯に高純度のフローライトが採れることがわかった。
まだ政府も他国の企業も気づいていない。
採掘することで半永久的に利益が発生する。
そのお金は孤児や貧しい人たちを救うために使うことができる。

テントは、この地域一帯のフローライトすべてを手に入れるために土地を買い占めていた。

そんなテントも最後の土地購入の資金調達にに苦戦していた。

乃木の作戦により、多額の資金を得ることに成功。
最後の土地購入へと進めるようになった。

乃木の希望でテントの始まりについて話を聞くことに。
以下、ベキの語り。

出雲~バルカ派遣、ノゴーン・ベキとよばれるようになったころ、乃木が生まれた。

その後スパイしている情報が漏れ、村が襲撃されることになる。

ベキは公安に助けを呼び、ヘリが迎えに来てくれることになったが、なぜかヘリは3人を素通りし去って行ってしまった。
仲間は指示を偽装までして迎えにこようとしてくれていたが、司令官の指示で引き返したのだった。
ベキは見捨てられてしまった。

スパイを疑われ、囚われの身となった2人。

とらわれている牢の中で乃木の母・明美は亡くなった。
明美が最後に残した願い「憂助を探して」「私たちをこんな目にあわせたやつを私は絶対に許さない。復讐して…」

乃木卓の身元を日本に問い合わせたが、彼の身元は存在しなかった。
ベキは銃で撃たれてしまうが、当時17歳のバトラカにより助けられ、命を取りとめる。

ベキはその後、明美との約束を守るため、何年も憂助を探し続けた。

探し続けて4年後、日本人の子供の情報を聞きつけ確認しに行くも、「その子は1ヶ月前に亡くなった」と言われ、ベキは廃人同然となる。
バトラカが駆けつけるも食事もとろうとせずボロボロになっていった。

そんなとき

瀕死の少年が「弟がいる。弟に何か食べさせてあげて。ノコルをお願い」と言われ行ってみるとそこには赤ん坊が泣いていた。これがノコルとの出会い。

ベキはノコルの父親になることを決意。

バトラカに日本の諜報員だったことを明かし、武装強化し防御態勢を整えていった。
次第に村の護衛などを依頼されるようになり、その任務の最中にアディエルと出会う!

アディエルは結婚後、テントとしては活動していなかった。
つまりあの写真(山本が写っていた時)のときはテントとして活動はしていなかったということになる。

ちなみに、ジャミーンが看病を受けていた家は乃木が生まれた家!!

ここまでがベキの語りの内容。

「テントの最終標的は日本」に関して、
日本を恨んでいることが間違った情報情報として流れてしまった?とベキは否定する。

ベキは明美の最後の言葉「復讐して」を果たそうとしているのか?
それともベキに内緒で裏で動いている計画があるとか?

フローライトの情報が漏れる。

これはテントに裏切りものがいるな…
乃木がそんなにすぐバレるようなことはしないと思う。

日本にいるテントのモニターからの情報で、別班の4名が生きていることが判明

乃木は別班の任務としてテントに潜入したことを白状する

黒須だけが乃木の作戦を知らなかった?

急所を外して生き延びていた別班メンバー4名。
明らかに作戦通りという感じでしたが、黒須は何も知らない様子でした。

テントを信用させるためにあえてそうしたのか?
それとも黒須に疑うべき点があったのか?

日本にいるテントのモニターは誰?

長野か?新庄か?鈴木か???

長野は別班ぽいと思っていたので、新庄か鈴木かな?

ベキは乃木を斬らない

第9話ラストシーンで、乃木が別班であると白状したのち、ベキが刀を抜きました。

しかし、当然ですがここで乃木が斬られることはないでしょう。

ベキは乃木が別班の任務としてここに来たことに、もっと前から気づいていたはずです。

第8話の青年養護施設で、乃木に誤差10グラム程度で重さを測れる特技があることを知ります。
銃弾の重さから残弾数をわかったうえで黒須を撃った乃木に気づいているのです。

そのため、あの白状がきっかけで逆上するとは思えません。

ノコルが裏切者かも

テントの活動の裏でノコルが独断で何か動いていそうな気がする。

「日本を標的」としているのもノコルの計画なのでは?

そして、そんなノコルの行動をベキは気づいていると思う。
時々ノコルに対して意味深な視線を送っていたのが気になっていました。

突然現れた乃木のせいで計画がかなり狂ったのではないでしょうか。

最終的に兄弟対決に発展しそう!!!

スポンサーリンク

【VIVANT-ヴィヴァン-】最終回 79分スペシャル(2023年9月17放送)

ベキは全てわかって乃木を受け入れていた

第9話考察の通り、やはりベキは全てわかったうえで乃木を仲間として受け入れていた。

乃木は野崎に裏メッセージを伝えていた

●ノコルと待ち合わせた場所の位置情報を野崎に送信していた。

●バルカに到着した時に「スネイプ社との予定がある」と野崎に伝えていた乃木。

スネイプと言えば、ハリーポッターに出てくる登場人物。
敵だと思っていた人間が実は味方だった。という野崎へのメッセージ。

●バルカへ向かう飛行機の中で野崎の手を握り「あなたは鶏群の一鶴眼光紙背に徹す」とつたえたこと。

これらはすべて、野崎に自分の作戦を遠回しに伝え、協力してもらうための伏線だった!

政府側にフローライトの情報を漏らした内通者

ゴビの秘書・ジャンと見せかけてゴビが内通者だった!
ただのモブキャラかと思っていたのに!

ゴビはワニズ(バルカの外務大臣・次期バルカ大統領)に情報を流し、フローライトの権利を奪おうとしていた。エイン・ワニズ・ゴビは最初からグルだった。

第2話伏線回収・野崎は西岡をマークしていた

第2話でバルカ大使館から脱走するときに野崎が忘れ物…として引き返したのは、大使館室に監視カメラを設置するためだった!!!

その監視カメラにはワニズとの金銭取引をする様子が映っていた。
野崎と乃木はその動画を見せ、西岡を説得。ワニズを裏切らせることに成功した。

さすが野崎!!!

結局ワニズ・ゴビ・エインの3人はバルカ警察に逮捕されることとなった。

公安とテントの取引

公安に逮捕されるのは、ベキ・ピヨ・バトラカの3名。
ノコルは何も手を汚していない。これからこの国を支えていく存在になる。

フローライト開発が軌道にのれば、テントは解体し、今後一切の活動をしないと約束したことで、野崎はこの条件をのんだ。

ノコルがベキの意志を受け継ぎ、この先も子供たちを守っていく。

チンギスもテントの孤児院出身だった

現在のバルカ警察官のほとんどが、テントの孤児院出身の者。

テント解体

テント解体を大勢の前で宣言。

皆(チンギスも!!!)がひざまずき、ベキへの敬意を示した。

日本にいるテントのモニターは新庄

別班4人が生きていた情報を流していたのは新庄だった。

4人はそれぞれ別の場所で治療を行っており、見つけることは困難であった。
新庄は相当優秀なテントのモニターといえる。

きゅなごん
きゅなごん

鈴木・長野は結局何でもなかったのかな?

ミスリード!?

ベキは最後の目的を叶えるために日本へ

公安に逮捕され、テントを解体を宣言したベキですが、その後逃亡→真の目的のため日本へ向かう。

やっぱりベキは明美の最期の言葉を忘れていなかった!

「私たちをこんな目に合わせたやつに復讐して」と言い残して亡くなった明美。

ベキ・ピヨ・バトラカはその復讐を行うために日本へ向かう。

ベキの狙いは日本を標的にすることではなく、当時救助の撤退を指示した当時の司令官への復讐だった。

最後は親子対決

乃木VSノコルを予想していましたが、最後は乃木VSベキでした。

復讐を果たすために日本へ向かったベキ・ピヨ・バトラカ。
ベキは復讐相手である当時の司令官に銃を向けるが、そこへ乃木が現れベキと対峙する。
乃木がベキ・ピヨ・バトラカを銃撃し、3人は亡くなる。(ベキは生きてる??下記参照)一瞬の出来事でびっくり!

ベキは必ず乃木が追ってくることを予想し、ノコルに伝えていた。
「乃木に止められたなら明美も許してくれるだろう」と。
そして、3人の銃には銃弾は入っていなかったことものちに判明。

全てはベキの計画通りだった…

きゅなごん
きゅなごん

VIVANTでは泣かないと思っていたのに泣いてしまったー!

祠にまんじゅう!!

神社にて薫とジャミーンとの再会を果たした乃木。

その直後、最後の最後に神社の祠の伏線が回収されました!

再会に感動している乃木にFが話しかけ、目をやると祠のに赤い饅頭が備えられていました。

以前に司令が「おまんじゅうを見逃すところでした」と発言していたことがありましたね。

別班の極秘任務に関する連絡手段として、証拠の残らないかたちをとっていた。
あの祠は、別班の連絡手段の一つだったということですね

最終回、残った疑問・気になる点

最後まで伏線回収が止まりませんでしたが、まだ残る疑問点もあります。

長野&鈴木の正体は?

怪しい三人衆、長野・新庄・鈴木の3人。
新庄はテントのモニターであることが発覚。
怪しい行動が見られた長野・鈴木に関しては、その正体について明らかにされることはありませんでした。

ジャミーンが野崎に懐かなかったのは?

ジャミーンは最後まで野崎に懐くことはありませんでした。

人の善悪を感じ取ることができるジャミーン。

野崎は最後までいいやつ【善】だったはずです。

なぜジャミーンは野崎を警戒していたのでしょうか?

ベキは生きている?

ピヨとバトラカは即死でしたが、ベキは乃木と最後の別れをする時間がありました。

また、ノコルに伝えたメッセージ「皇天親無く惟徳を是輔く」は「天は公平で贔屓せず、徳のある人を助ける」という意味のことわざです。

ベキはどこかで生きている可能性が高いです。

日曜劇場【VIVANT-ヴィヴァン-】続編も決定!!!

なんと!!
VIVANT-ヴィヴァン-】続編決定しております!!

放送時期は2年後。基本的に同じキャストでの制作予定とのこと。
その他豪華キャストも追加出演予定!!

毎話息をのむ展開、驚きの伏線回収、登場人物への愛着心、もうとにかく面白かった!!
VIVANTのおかげでこの3ヶ月、時間の流れる速度が倍速されているようにあっという間でした。

最終回を含む全話を見返したうえで、最終回の真相について更にこまかく編集予定です。

一緒に考察を楽しんでくれたみなさん、ありがとうござました。
また秋ドラマでお会いしましょう!!!

この記事を書いた人
きゅなごん

テンション高めの2児の母。群馬出身、群馬在住、群馬を愛し、群馬の魅力を発信したい!趣味はボドゲ・ゲーム、アニメ、ドラマ、漫画、読書、晩酌。とにかく毎日楽しく過ごしたい!そんなママが楽しめる情報をお届けします。

きゅなごんをフォローする
ドラマ
スポンサーリンク
きゅなごんをフォローする
きゅなごんブログ
タイトルとURLをコピーしました